ウサギのMimi〜アラフォー風俗嬢の恋日記〜

アラフォー風俗嬢Mimiの恋愛あり笑いありの日常を綴ります。

第17話「お金と仕事・前編」 」

濡れたベッドの上に、タオルをひいて、その上で、島岡の腕枕の中、美々は横たわっていた。

 

「美々ちゃんは、どうしてこの仕事をやろうと思ったの?」

 

またこの質問かあ……と内心思いながら、美々は答えた。

 

「借金を早く返したくて…」

 

「借金?いくら?」

 

「300万円くらい……」

 

「なかなかの金額だね。旦那さん、いるんでしょ?」

 

美々はふいをつかれて、誤魔化せず

「は……はい」

と答えた。

 

「だったら旦那さんに、全額返して貰えばいいじゃない?」

 

「えっ」

 

「僕ならそうする。」

 

美々は、予想外の答えが島岡から返ってきて、驚いた。

 

「借金の返済を手伝ってほしい、と夫には話したんです。何度も。

『自分のことで散財した分は、自分で返しなさい』と言われました。

わたしが以前生活費が足りなくて、借りた分を返済するのが精一杯だと……」

 

「旦那さんはそういう考えなんだ。驚いたな。

妻が使った分を支払いするのが、僕は当たり前だから。

僕の妻は働いていないし、妻に給料は全て預ける。

僕が毎月使う分だけ、もらってるんだ。」

 

美々は目を丸くした。

自分も、自分の周りにも、そんな価値観の男性は存在しなかった。

潤一ですら、美々にお金は渡せないと言った。

そんな夢のような生活を送っている女性は、やはり存在するんだ……

 

「自分でした責任は自分でとらなきゃいけない」

いつからか、そう勘違いしてきた。

 

元々お金を使うことが好きな美々は、手元になくても、カード払いで、散財してしまう。

 

遼は真面目に仕事し、家事も育児もするが、結婚10年経過した今も、「そこそこ」の収入をキープしていることが、美々…まやには不満だった。

 

「もっとたくさんお金を持って返ってきて、わたしに好きなようにお金を遣わせてほしい」

 

まやは、遼から大切にされ、自由を与えられてるのに関わらず、そんな不満をずっと抱え、度々遼に「もっと稼いできてよ!」とぶつけてきた。

 

「僕もね…美々ちゃんの旦那さんがいくつかは知らないけど、若い時は正社員ですらなくて、収入も低かった。

だけど、この会社を、業界を変えてやる、って野望だけはあって。

気がついたら今の職務について、収入も何倍にもなっていたんだ。

だから、旦那さんの『今』だけで、その器を判断しない方がいい。

焦らずに。待ってあげてはどうかな?」

 

「はい……」

美々は自分の心を見透かされたようで、恥ずかしくなった。

 

「お風呂……入れてきますね」

美々はベッドからお風呂場に向かった。

 

(わたし……こんなことしてて、いいのかな?)

 

バスタブの蛇口を捻って、お湯の温度を調節しながら、美々は考えていた。

第16話「初老の紳士様・後編」

「ね……お風呂入りたいです」

美々は島岡にお願いしたが

「僕は、このまま、美々ちゃんを味わっていたいよ…

それに、僕はもう、シャワーを浴びて、身体を綺麗にしてるよ。」


「そ……う…なんです……ねっ……あ」


「うん……美々ちゃん…」


島岡は美々の秘部に顔をうずめ、充血して赤くなった部分を、舌全体で撫でるように舐める。


美々の全身に強い快感が走る。


しなやかな細い身体を仰け反らせるのを見て、島岡は今まで感じたことがないほどに興奮した。


赤く隆起したそれを優しく舐め、刺激を与えながら、美々の膣から溢れ出る雫を、すくいとるように、飲んだ。


「美々ちゃん、美味しい……食べてしまいたくなる」


「や……すごい……」

美々は恥ずかしさと、今までに感じたことがない気持ちよさに溺れていく。


美々はもはや今の時間が仕事であることを忘れ、島岡が与えてくれる快感に身を任せていた。


「あぁ……いく、いきそうっ」


島岡は美々が感じているポイントを、根気よく丁寧に責め続けた。


「あーーー……」

びくん、びくん、と美々は下半身をくねらせ、快感の波を受け止めた。


「気持ちいい……?」

島岡は顔を上げて、美々の耳元で囁く。


「はー……はー……」

美々はこくん、と頷いた。


島岡は、自分の隆起した部分を美々の顔に寄せて、

「美々ちゃん、僕のにも口付けてくれる……?

美々ちゃんの感じてる姿が可愛くて、こんなに勃ってるんだ」

と、言った。


美々は潤んだ瞳で島岡を見つめながら、それにそっと手を添えて口付け、ゆっくりそそり勃っている部分から舌を這わせていく。


「いやらしい顔してる…美々ちゃん、綺麗だ…すごく気持ちいいよ」


潤一との行為を思い出しながら、

美々は島岡の感じるポイントを夢中で探った。

 

島岡はベッドに横たわり、今度は美々の愛撫を受ける。

美々は島岡が感じて勃っている姿に、潤一をだぶらせて、高揚した。

 

島岡の乳首が赤く勃ってきたので、美々は、手で下半身を撫でさすりながら、乳首を口に含んでみた。

 

「あっ……」

島岡が悶えて、ため息を漏らす。

 

「美々……ちゃん、いいよ」

 

美々は島岡の下半身が急に硬くなったのを手で感じ、愛撫の手をだんだんはやくしていく。

 

「あ……美々ちゃん、だめだ、我慢できないっ」

 

島岡は身を起こし、うつ伏せたままの美々の背後から、胸に手を回し、自分の勃ってしまった下半身を、美々の濡れた太股の間に滑り込ませる。

 

「島岡さ……ああっ」

貪るように島岡は、美々の秘部に自分の秘部を激しく早く擦り付けた。

 

美々も身体をよじらせる。

島岡が手で乳首をいじる刺激も相まって、感じて膣からどんどん愛液が溢れ出てくる。

 

「あっ……」

「いくよ……美々ちゃん!」

 

島岡は腰を何度も、美々のお尻に激しく打ち付けた。

 

「いぃ……!」

美々は自分の膣にまるで島岡が入ってくるような感覚に襲われながら、絶頂を感じた。

 

「出る……!」

島岡は、美々の白い背中にたくさん液体を漏らし、果てた……。

 

 

 

第15話「初老の紳士様・中編」

おはようございます。Mimiです。

昨日は結局、約束の時間に更新ができなくてごめんなさい。

お待たせしました。

 

***

 

島岡は、美々の顎に手を添えて、そっと唇を重ねた。


「ん……」

ゆっくりと入ってくる舌の動きに、美々は敏感にくすぐったさを感じながら、それに応じた。


島岡に、傍にあるベッドに、キスをしたまま、腰掛けるよう促される。


「ほんとに可愛らしいひとだなぁー……」


まやは島岡にしげしげと見つめられ、顔を赤らめた。


島岡は、唇から頬、首筋、うなじと、唇を這わせ、まやのカットソーの上から、乳首を探るように、指の腹で撫でた。


「あ……」


「感じやすいんだねえ」


島岡はまやの背後から、両手で覆うように、ふんわりと乳房を包み込むように、ゆっくり優しく撫で続け、耳にキスをする。


まやの息遣いがだんだんと、速くなる。


島岡は、まやのカットソーをまくり、ブラジャーの下側から手を滑り込ませた。


まやはビクッと、身体を強ばらせる。


島岡の右手が、まやのスカートの裾から、熱くなっている秘部の中へ、するすると入っていく。

ストッキングとショーツの上から、指で陰部を撫でると、熱く湿っているのが感じられた。


「まやちゃん、いやらしいね…もうすごく濡れているみたいだよ」


「あ……恥ずかしい……」


恥じらうまやに、島岡はますます興奮し、太股を撫でて、焦らす。

まやは恥ずかしさと、いちばん感じる部分に、なかなか触れて貰えないもどかしさに、むずがゆい思いでいた。


島岡は、そのまま、まやを押し倒し、ブラジャーをたくしあげ、乳房に口付けをした。


「……っ、はぁ、はぁ」

まやの身体は敏感に反応して、汗ばむくらい熱くなっている。


乳首を吸ったまま、島岡の右手が、スカートとストッキングを脱がしていく。


「足……ひらいて」


島岡の囁きに、まやは、恐る恐る股を開いた。


ショーツの脇から、島岡の指が、まやの秘部の、熱く濡れているところを探り始めた。


「あ……」


「ここが気持ちいいの?」


島岡は、まやの一番感じる部分ではなく、周りの柔らかい丘の部分から、そおっと撫でるように、ゆっくり触れていく。

たまらずにまやの秘部から、熱い液体が溢れてきた。


まやは、いつも自分で触れているやり方で、焦らすように島岡に触れられ、どうしようもなく感じはじめていた。

 

島岡は、まやを起こし、カットソーを脱がせ、ブラジャーのホックを外す。

 

「ほんとに、40歳?

綺麗な肌をしてるね…触り心地がいいよ」

島岡はにやにやしながら、まやの乳房をくるくると、ゆっくり手で揉んで、その感触を楽しんでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい!

おはようございます。Mimiです。

 

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

今日の更新遅くなります(  ᵒ̴̶̷̥́ _ᵒ̴̶̷̣̥̀  )

18時までに更新します!

よろしくお願いします。

 

 

第14話「初老の紳士様・前編」

「……さん、牧野さん、お仕事入りましたよ」


待機ブースでうたた寝していた美々に、石原が話しかけた。


「……は、はい……

すみません!」


「疲れてたみたいですね。

15分後にご予約入りましたよ。

準備よろしくお願いします。」


「わかりました」


美々は慌てて、髪をブラシでとかし、化粧直しをした。


田中が運転する車で、さっき来た場所と同じホテルに到着した。


「牧野さん。203号室です。

よろしくお願いします」

田中から部屋番号を告げられる。


「行ってきます!」

美々は、今度はひとりで、お客様の待つ部屋へ向かう。


まず、ホテルフロントに電話をかける。

「完熟の花園です。203号室お願いします」

「どうぞ~」


このコールをしておかないと、ラブホテルの部屋は、フロントでロック管理されていて、内側からも解錠できないことが多い。


エレベーターで、2階に上がり、美々はドキドキしながら、部屋の呼び鈴を鳴らす。


ピンポーン

「はい、どうぞ」


ドアの向こうには、初老の男性がニコニコしながら立っていた。


美々は、

「お邪魔します」と小声で言いながら部屋に入った。


部屋のモニターには、AVの画面が映し出されている…。

それをチラッと横目に観ながら

「『完熟の花園』の、牧野美々です。

よろしくお願いします」

と、名刺と電話代を渡しながら、お辞儀をした。


「美々ちゃんか~。よろしくね。

今日が初めての日?」


「は、はい。

至らない点があると思いますが、

よろしくお願いします」


「ははは、よろしくね」

島岡は笑って、美々に椅子に座るように促した。


「しかし、よくこの仕事やろうって思ったねえ。なんで?」


「お金が…借金を返済したくて、はじめました」

 
「そうなんだ。旦那さんは?子供は?」


美々は一瞬ためらったが

「…はい、どちらもいます」

と、答えた。


「なんだ。旦那さんに借金返してもらえばいいのに」


「それが…だめだって断られて、なんでもいいから、仕事してきて、て言われたので。」


美々は誤魔化すこともできたが、隠す理由もないので、ストレートに答えた。


「へえぇ、返してくれたっていいのにねえ。

まさか奥さんが、裏でこんな仕事してるとは思わないだろうな~」

島岡は苦笑いした。


「はい」


「美々ちゃん、こちらにおいで…」


島岡に促され、美々は立ち上がって、島岡の前に歩み寄った。


島岡は美々の頬を触り

「こんなに可愛らしい顔の奥さんがいるなんて、旦那さんが羨ましいねえ」

と、笑う。


美々は俯きながら顔を赤らめ

「あ、ありがとうございます」と答えた。


島岡はギュッと美々を抱き寄せ

「キスしていいかい」

と、耳元でささやいた。

第13話「そのままでいい」

「牧野さん、お疲れ様です。

はじめまして。ドライバーの田中です。

よろしくお願いしますね。」


白のステーションワゴンの運転席には、

メガネをかけた、優しい雰囲気の男性が座っていた。


「は、はじめまして。牧野美々です。

よろしくお願いします」

美々はすこし驚きながら挨拶した。


風俗に関わる男性は、皆、物腰が柔らかい、優しい人もいるんだなあ……

ドラマで見るような、オラオラと態度が偉そうな人しかいないと、美々は勘違いしていた自分が恥ずかしくなった。


「初仕事、どうでした?疲れましたか?」


「は、はいっ。緊張しちゃって……

わたしすごくあがり症なので、ホテルの入口で転んでしまい、石原さんに肩を掴まれて、怪我せずにすみました」


「ははは、それは随分と緊張しておられたんですね。

最初ですから仕方ないですよ。

お仕事の方はどうでしたか?」


「はい……お仕事は、お客様がとても優しい方で良かったです。

わたし、何もわからないし、お客様におまかせして、できることだけをやらせていただきました。

あんな感じで、果たして良かったのか?

ちょっと心配です。」


「そうなんですねぇ。

お客様は最後なんと仰っていましたか?」


「また会いにきますね、とおっしゃっていました」


「よかったじゃないですか。

お客さんは満足されていたから、そう言ったんやと思いますよ。

楽しい時間を過ごせたのなら、それだけで大丈夫です。」


「そうでしょうか……」


「まだ1回目なんでね、不安かも知れませんが、お客さんは、牧野さんに会いに来るのは、テクニックとかが目的ではないですからね。

いつも通り。

彼氏と過ごすように、一緒にいるだけでいいですから。」


「わかりました。

ありがとうございます」


まやは、田中と話して、すこし安心した。

自分は素人で不慣れであることは、早く改善しなきゃ、って考えてたけど、今のままの自分「が」いい人もいるんだ、という視点を教えて貰えて、気持ちが楽になるのを感じていた。

 

事務所の、自分の待機場所に戻ったら、緊張が一気に抜けた。

 

まやは、座椅子に身体をもたれかけ、「ふーっ」と深呼吸した。

初めて会う男性にキスをされたり、裸を見られるのは恥ずかしいけど、苦痛じゃない。

肌の触れ合いって楽しい。

心の距離が近くなる気がするし、相手も自分ときっと繋がりたいと思ってる。

だから、これからたくさん失敗するかもしれないけど、今みたいに、この仕事を楽しいと思えてるなら大丈夫だ。

 

まやは、不思議な安心感に包まれ、そのままうたた寝をした。